会長方針  2017-2018年度

 第64代会長 石田 保


「世代を超えて・・・和・輪」


 2017−2018年度 伊勢崎ロータリークラブ会長の就任にあたり、ご挨拶申し上げます。
 2017−2018年度 イアンH.S.ライズリーRI会長テーマ『ロータリー:変化をもたらす』という言葉どおり伊勢崎ロータリークラブは、奉仕を通じて変化をもたらしております。
 たとえば、県内の児童養護施設卒園生に対する支援事業は、地域に密着した人道的支援活動であります。これこそがロータリーの目指す奉仕活動ではないか、ということが少しわかりかけたような気がいたします。
 これからも会員一丸となり一つでも素晴らしい奉仕活動が会員の創意で進められるという事が楽しみです。
 また、今年度の地区方針であります『ロータリーのある人生を誇りにしよう』というテーマがあります。ロータリーアンであることに誇りをもって日々の奉仕活動に従事し、自分の人生にロータリーがあって良かった、と心から喜びを感じられることを主旨としております。
 伝統ある伊勢崎ロータリークラブ会長として、築き上げられた63年の歴史と伝統の上に、規律と品格のあるクラブ運営をして参りたいと思います。
また、クラブにおけるスローガンに『世代を超えて・・・和・輪』というテーマを掲げさせて頂きました。今年度、5ロータリークラブの幹事クラブとして、IM(インターシティーミーティング)の開催、5ロータリークラブ合同のガバナー公式訪問など、いつもの年度よりも分区事業が多くなっております。
ここで伊勢崎ロータリークラブが一つの輪となり、尚、一層の世代を超えての輪になることを願い、このテーマとさせて頂きました。
更に今年度は、「退会防止」「新入会員育成」に努力させて頂きます。
クラブ研修リーダー、新入会員のメンターの皆様にはご協力宜しくお願い申し上げます。
 最後にこの1年間、クラブ会員の皆様、何卒ご協力お願い申し上げます。

CopyRight(C) Rotary Club of ISESAKI All Right Reserved.